天孫降臨HIMUKA

月の見えない夜、参拝客たちに、ある巫女が日本の神々の話を宵語る。

1、天孫降臨HIMUKA

2、神楽歌

3、八百万の神々

4、たくさんのありがとうの心

5、ひゅうがの調べ(ひょっとこ踊り)

黒木あすかが自身の能楽堂公演において、構想、台本、作曲、演奏全てを

担当し、初めて描き下ろし公演したモノオペラ

古事記の話から、出身地である宮崎に伝わる神楽、天岩戸の話

また日本人の心である八百万の神々の話

学校法人 宮田学園 国際貢献専門大学校で、諸外国からの留学生と関わり、

日本とは何か?日本人の考え方とは?との自身への問いかけがきっかけとなり

日本の文化について深く考えるようになり、そこから着想を得た作品

また日向市に伝わる里神楽から派生したひょっとこ踊りなど、

ふるさと宮崎への想いが詰まった渾身の一作

㈱データ・マックス主催公演にて、世界初演された

 

上演時間 30分

出演者  黒木あすか

演奏楽器 音響セット アイリッシュハープ ミニピアノ フルート